MENU

ワークショップ開催

映画業界の明日を担う人材を育てるべく、企画書やシナリオの作り方、映画作りのノウハウを現役で活躍している監督、プロデューサーら経験豊富な映画人を講師に迎える実践型ワークショップです。

このワークショップは
映画業界活性化のため、人材育成をするものです。

映画づくりの内側を知ることで、あなたの今後の活躍できるステージへの道しるべを明確にします。


「映画制作ってどうすればいいの?」「何から始めればいいの?」

映画づくりと一言で言ってもその工程は多岐に渡ります。
企画書やシナリオを作って、予算の編成をしたり、キャスティングやスタッフィングをして人材を集めたり、シナハンやロケハンと言った撮影の準備や、衣装・道具などの準備、演出計画を立てたり、実際の撮影が終わっても画と音を整え、編集をし、宣伝活動もして劇場に売り込んで、ようやく公開となります。

こういった映画制作のノウハウは、巷に溢れているガイドブックや教則本をいくら読んでも、実際に経験しないとわからない部分も多くあります。

このワークショップでは将来映画業界で活躍して頂く人材を育てるため、映画制作の全てを、現役で活躍している監督・プロデューサーら 経験豊富な映画人たちが手ほどきします。

この日本映画研究会の発起人も現在第一線で活躍している映画人ばかりです。

・自分で映画を作ってみたい
・映画制作って何から始めればいいのかわからない
・映画制作のプロに教えてもらいたい
・俳優の立場として映画制作に理解を深めたい

映画学校や教則本では得られない、現場に即した “いま現在の” 映画制作知識を 現役で活躍している監督、プロデューサーら 経験豊富な映画人を講師に迎える 実践型ワークショップです。

他のスクール、ワークショップとの違いについて

映画の撮り方、作り方を教えるスクールやワークショップはいくつかありますがその多くは、講師が現在も最前線で活躍している映画人 ではないという事です。
「日本映画研究会」では現役で映画制作に携わっている方を 講師としてブッキングする事でより活きた情報、新鮮な知識 を学んで頂くことができます。
またこれは、講師が現役の映画人だからこそ可能ですが、受講生のワークショップ後に実際の現場に参加し実践経験を積む環境が整っています。

座学で終わるのではなく現場で体験。 それも、インターンではなく一人のスタッフとして作品作りに参加することを目標にして頂きます。

制作会社直結なので、成績優秀者は実際の制作現場に参加していち早く実践経験を積んでスキルアップできる環境が整っています。

講師が現役の映画人であるからこそ作品作りへの参加が可能となります。

第一回目のワークショップ内容(予定)

具体的にプロデュースした映画を題材にして、講義を進めていきます。

・企画の作り方
・撮影のしかた
・宣伝のしかた
・映画の作り方
・海外での撮影の進め方
・シナリオの作り方

など、映画制作各分野のプロフェッショナルな内容の1DAYワークショップとなります。

応募資格

・18歳以上。
・経験は問いません。
・映画制作に興味があること。
※応募者多数の場合は参加審査をさせて頂く場合もございますのでご了承ください。

日時

2018年9月29日(土) 10時〜16時 終了しました

場所

神奈川県川崎市高津区(指定ホール) ※参加確定者へのみ別途ご案内致します。

講師

映画プロデューサー 前田茂司(「日本映画研究会」発起人代表)

有限会社楽映舎代表取締役。主な制作実績に映画は『ウスケボーイズ 』『ラプラスの魔女』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 』『無限の住人 』『土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲 』『風に立つライオン 』など他多数。TVでは『復讐捜査』『魔法×戦士マジマジョピュアーズ!』など、多くの作品制作実績がある日本でも有数のプロデューサーである。

映画監督/プロデューサー 柿崎ゆうじ(「日本映画研究会」発起人)

株式会社カートエンターテイメント代表取締役社長。主な制作実績に映画『ウスケボーイズ 』(今秋公開)『第二警備隊』『大河巡る〜生まれ変わっても忘れない〜 』などがあり、マドリード国際映画祭やアムステルダム国際フィルムメーカー映画祭等数多くの国際映画祭にて作品賞受賞・監督賞受賞の栄誉に輝く実績を誇る。

シナリオライター 江良至(「日本映画研究会」発起人)

主な脚本実績として映画は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017)『種まく旅人 くにうみの郷』 (2015/共同脚本)『陰陽師』 (2001)など他多数。TVでは『おそろし〜三島屋変調百物語』 (2014)『牙狼〜闇を照らす者〜』 (2013)など、またアニメでは『最終兵器彼女』 (2002)他、数多くの作品の脚本を執筆している。

参加費

¥22,000 (税込) → ¥0 (プロジェクトのオープニングにつき今回は無料)

※会場までの交通費は各自ご負担ください。